心に残るウエディングのために

  • イスラエルのウエディングは宗教が同じ必要がある

    • イスラエルは多くの宗教や文化が混在しています。

      多くの国民がユダヤ教を信仰していますが、ユダヤ教にも様々な宗派があります。その他にもイスラム教やキリスト教、ドールズ教を信仰している国民がいます。


      イスラエルのウエディングは、同じ宗教を信仰する二人でないと許されません。
      イスラエルのユダヤ教徒は、神の前でウエディングを行います。
      ラビという聖職者が執り行っており、午後9時くらいから始まります。


      最初に祈祷を行い、グラスに入ったワインをラビが一口飲みます。
      続いて新郎新婦やお互いの家族が回し飲みします。
      結婚指輪は、新郎が新婦の右手人差し指にはめます。

      結婚指輪は左手薬指のサイズに合わせているので、人差し指の途中までしかはまりません。

      ウエディングの最後は新郎がアルミホイルで包んだグラスを足で踏む儀式が行われます。
      グラスの割れる音で、ウエディングが無事に終わったことを参加者に伝えます。

      参加者は音を聞いて祝福の拍手や歓声を贈ります。


      披露宴が始まるころには午後10時が過ぎます。
      テーブルに前菜がすでに用意され、参加者たちは会話をしながら新郎新婦を待ちます。

      イスラエルではたくさんの人を招待する習わしがあるので、400〜500人集まることがあります。

      新郎新婦は会場の中央に立って、スポットライトを浴びながらダンスを踊ります。チークダンスに誘われて参加者たちが加わるとアップテンポな曲に合わせて踊りだします。
      イスラエルではDJが必ず参加しています。

















  • 関連リンク

    • 結婚を決めた男女はどうしてブライダルを行うのかというと、まず一つは思い出作りでしょう。近頃は離婚する夫婦が珍しくない時代背景があるものの、大抵の人は人生に一度の結婚です。...

    • 近年ではネットの普及によりインターネットを利用した結婚式場探しもとても便利になりました。サイトにはたくさんの写真が掲載されており、利用した人の口コミも掲載されていることから自宅にいながらいろいろ調べられるのでいいのですが、実際の雰囲気は行ってみないと分からない面もあります。...